なぜ糖尿病は恐れられているのか?

 
生活習慣病の一つとして知られる糖尿病ですが、糖尿病が恐れられる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、糖尿病の厄介なポイントについてご紹介します。

条件さえそろえば容易に発症する


糖尿病は、発症の条件さえそろえば、たとえ若い方でも簡単に発症してしまいます。
不規則な生活習慣、糖分を中心とした偏った食事、運動不足などが主要因となり、誰でも発症リスクを持っています。
また、糖尿病自体は発症していなくても、「糖尿病予備軍」と呼ばれる状態の人は多く、いつ発症してもおかしくないという状態の方は、日本国内では800万人に上るとされています。

様々な合併症を引き起こす


糖尿病が恐れられる最大の理由は、糖尿病が数多くの深刻な合併症を引き起こすことにあります。

糖尿病が元で引き起こされる合併症の一部には、次のようなものがあります。
・糖尿病神経障害
・糖尿病網膜症
・狭心症
・心筋梗塞
・糖尿病腎症
・糖尿病性昏睡
・脳梗塞
上記の合併症は、どれも生活や生命に多大な影響を引き起こしてしまうものばかりです。
このほかにも、糖尿病の合併症は様々な症状となって体に現れてくるので、根本の原因である糖尿病の治療によって、合併症の発症を防ぐことが重要となります。

自覚症状が少ない


糖尿病や、糖尿病の合併症の多くは、自覚症状が少ないという特徴があります。
糖尿病や合併症の症状に気づいた時には、すでに事態が深刻化しているといったことも多く、小さな兆候を見逃さない必要があります。

糖尿病の症状には、次のようなものがあります。
・怪我の治りが悪い
・喉が渇きやすい
・視覚に異常が生じる
・疲労が蓄積しやすい
・理由なく痩せる
・足がつりやすくなる
・足がしびれやすくなる

以上のような症状にいくつも心当たりがある場合は、糖尿病の疑いがあります。
糖尿病は早期の治療によって症状の進行を止められるので、体の異常を感じたら。すぐに診察してもらうようにしましょう。

※参照サイト:糖尿病まるわかり